[DIY] 自分で玄関の鍵を取り替えました

[DIY] 自分で玄関の鍵を取り替えました

中古住宅を購入してリノベーションをしたブログ。

築20年ほどの中古マンションな我が家。

玄関の鍵はマンションエントランスと自宅鍵が共通となっているものになっています。

逆マスターシステムというらしいです。

ですがこの鍵、旧タイプのディスクシリンダータイプの鍵で防犯性能が低いもの。

中古住宅なので、一度は他人が使っていた鍵、そのままでは防犯上問題があるので交換することにしました。

調べたところ鍵の交換は素人でも簡単に交換できる様子。

鍵屋に頼むと出張費がかかるので、できるだけ安く済ませたい私には自分でやるほか選択肢はないです。

早速ネットで鍵だけ注文して交換することにしました。

適合鍵を調べる

まず現在使用している鍵の製品を確認します。

ドアをあけてフロント部分の刻印を調べます。

我が家には「MIWA LA・MA」の刻印がありました。これはMIWA LA(DA)シリンダータイプのようです。

ネットでこのシリーズの鍵を購入。

のちのち合鍵を作ると高いので予め4本以上合鍵が付属されているものを選びました。

 

 

届いたものはこちら。現在主流のディンプルキーです。

さて、これを取り付けていきたいとおもいます。

鍵の取り付け方

まずは刻印のあるプレートを取り外します。

使用するのはプラスドライバーのみ。

取り外すとこんなかんじ。ピンが4本刺さっているのでシリンダーを支えている外側の2本を抜きます。

このときマイナスドライバーでてこの原理のように抜くと取りやすいです。

これを抜いてしまえば元々付いていたシリンダーがぽろっと外れるので、購入したシリンダーをはめてピンで固定すればOK。

ピンは多少硬いかもしれませんが、なかなか刺さらなかったらトンカチのように多少トントンと硬いものでおしりをたたけばすぐにはまります。

ピンがささればあとはプレートを戻して完成。

これだけです……

作業時間はものの5分でしょうか。あっけにとられるくらい簡単です。

鍵の交換は自分でやりましょう。簡単で費用が節約できます。

マンションエントランスと玄関の鍵 2種持ちは不便?

さて、この交換によって逆マスターシステムではなくなってしまったので、マンションエントランスに入る際と自宅玄関の鍵は互換性がないので2種類の鍵を持ち運ぶことになります。

このマンションは以前の大規模修繕によってエントランスキーはICタグに対応したので、希望者は購入すればICタグをかざすだけで入室可能です。

ですが、駐車場側の出入り口やゴミステーションの鍵は相変わらず以前の鍵しか対応してないのでやっぱり2種持ちになってしまいます。

鍵の形状が違うので間違えることはないし、小さい鍵が一つ増えたくらいなので私は特に不便は感じません。

欲をいえば自宅玄関の鍵もIC対応させたかったのですが、マンションで交換式可能なICキーを見つけられなかったのですよね。

マンションの外観は共有部分なのでおそらく見た目が大きく変わるものは取り付け不可ですし。

万が一有事の際に物理キーがあったほうが安心できるという事もあります。

そこで目をつけたのが「スマートロック」です。

スマフォアプリと連動してサムターンをまわすという最新なのに原始的な方法で鍵を開けるシステムを導入してみました。

導入した様子はこちらをご参照ください。

DIYカテゴリの最新記事