アフターリノベーション ソファーとカフェテーブルを選びました

アフターリノベーション ソファーとカフェテーブルを選びました

中古住宅を購入してリノベーション。その後のインテリアをご紹介。

今回はリビングの顔となるソファーとテーブルの回です。

やっと揃える事ができたので満を持してのご紹介です。

賃貸住宅に住んでいたときにもソファーはありました。

ありましたが、購入するのは2~3万くらいのソファー。

いつも座面がへたれてたり、ファブリックがほつれたり、飲み物こぼして汚したり。

もったいないのですが2~3年スパンで買い換えていました。

結論:安物はすぐだめになる。

ですので今回のリノベーションではソファーもそれなりにいいものを購入しよう!ということで私たちのソファー探しが始まりました。

ソファーの条件

ではどんなソファーを購入するか、購入すべきか。ざっくりと希望を述べると

予算:20~30万
素材:座面・背もたれは革張り
座面:固め

予算はまぁ、長く使うことも考えてこのくらい。

値段が高いからといって長く使えるものでもないと思いますが。

でも値段の違いは素材や耐久性にも現れてくるとおもうのであまり安いものを買うのも…と思っています。

過去の買い替え失敗から学んで大切なのは素材。

詰め物もウレタンチップ、ポケットコイルはNGです。すぐへたります。形がおかしくなります。

最初はボリュームがあってふかふかして良さそうと思っても一ヶ月くらいでヘタって変な形になりました。おそらく密度が少ないものを使用しています。

フレームにウレタンなどを巻いただけなのはNG。すぐにへたれてフレームが体に直接当たって痛くなります。(とくに背もたれ・ひじ置き)

ウェービングテープも使っている量が大事。スカスカだと全く役に立ちません。ちゃんと編みこまれてしっかり張られている事。

稼動部がある(ギアがついて角度調整ができるなど)もNG。壊れました。(まさか溶接が外れるとは…)

素材がファブリックなもの、特に目が粗いものはほつれてきます。ぼろぼろになるし、水分などこぼしたときに吸い込んで大惨事になります。

合皮もぼろぼろになります。

楽天等で購入するときレビューを参考にし、評価数が多い、評価が高いものを選んでいたのですが、ソファーに関しては全くあてになりませんでした。

そりゃそうですよね。大体レビューは届いてすぐの評価ですもの。1年ほど使用しないと真の評価はできないと思っております。

結局8年間で4回ほど購入しなおしていましたね……よほどソファー運がないのか、見る目が無いのか。

それだけ買いなおしていたら結構いいソファーも買えたのではないかと。

ソファーの1万=耐用年数1年分と思え。がそのときにうけた教訓です(笑)

安いものを数年スパンで買い換えて模様替えするのも一つの手なので否定はしませんが、捨てるのも大変(粗大ゴミの申し込みから搬出まで重労働)なのでどちらかといえばいいものを長く使いたいですね。

実家では大塚家具で購入した数十万の革張りソファーを使用していたのですが、10年以上経っても綺麗だしへたりもなくまだまだ使える状態。

やはり高いものは違うんだな…と思いましたよね…

 

購入したのはアクメファニチャーのソファーとコーヒーテーブル

そんな我が家で購入したのはこちらのソファーとコーヒーテーブルです。

ACME Furniture GRAND VIEW SOFA

インテリアカテゴリの最新記事