ミューズノータッチ 泡ハンドソープの詰換えDIY

  • 2018.07.12
  • DIY
ミューズノータッチ 泡ハンドソープの詰換えDIY

中古マンションを購入してリノベーションをしてみたブログ

 

子供達には外から帰ってきたら手を洗うことを徹底しています。

習慣になっているので言わなくても真っ先に洗面所に行ってくれます。

特に娘子は手を洗うのが大好き。

汚れたりするとすぐ手を洗いたがります。(若干面倒)

手を洗う際に使うハンドソープはこちらを使っています。

ミューズ ノータッチ 泡ハンドソープ★

 

 

手をかざすと自動で泡状ソープがでてきます。

洗面所は若干高く、子供達は踏み台に上って手を洗います。

押すポンプ式のものだと押すところが更に高くなってしまって自分でできないのですが、この自動で出るものだとかざすだけでソープが出てくるので大変便利です。

ミューズノータッチ 泡ハンドソープのレビュー

電池のもちについて

単三乾電池4本使用します。

このソープは賃貸時代から使用しておりますが、約1年ほど使用してまだ電池を取り替えたことがありません。

ですので十分持っているのではないかと思います。

電池の売れる部分が底面にあるので、水が浸入して液漏れなどが若干心配ですが、通常水がかからない場所に設置しているのであまり気にしていません。

泡の出方について

子供達が使う分には量はちょうど良いかなと思います。

ドロだらけで特に汚れているときは足りないので何回か出す必要があると思います。

センサーの反応は若干の遅延が感じられますが(1秒くらい?)問題ないレベルです。

経済性について

これは難有りです。結構しっかりとした詰め替えなので高いです。

でも泡の色が変わるソープなどもあり、子供達がしっかり・楽しく洗えるような工夫がされているのには好感があります。

が、高い(笑)

250mlで約500円もします。

対して普通の泡ハンドソープの詰め替えは900mlで700円ほど(Amazon調べ)

特に娘子は楽しいのか何度も手を洗おうとするので消費が結構早いのです。

そこだけが問題。もうすこし安く詰め替えたい……!

ミューズ ノータッチの詰換えを買わない詰換え方法(DIY)

ここからが本題です(笑)

詰め替え用カートリッジが高いのでなんとか別の市販されている詰め替えを使用できないかと考えました。

要は詰め替え用に詰め替えるってことです。

ぐぐるといくつか方法があったので試してみました

①100均 細口調味料入れで入れる

ミューズノータッチの底の部分には穴があいており、シリコンで蓋がされています。

このふたを押し上げることによりソープが流れて出てくる仕組みになっています。

なので詰め替えるときもこのシリコンのふたを押し上げれば入れることが可能。

この穴は直径5mmくらいなので、そこに入るくらい細いノズルであればOK。

ストローで漏斗を作る方法などもありましたが、一番簡単なのは

100均で売られている細口の調味料入れ。

これがぴったり穴に入ります。

穴に押し込んでシリコンふたを押し上げて注入すればOK

ですが、この方法とっても時間がかかる。

ノズルが細いのでそもそも入れるのに時間がかかりますし、結構力を入れる必要があります。

力を入れるすぎると調味料入れの蓋部分から石鹸液が漏れ出します。

穴からも液が漏れ出します。

入れ終わったあとに丸洗いしないと石鹸液でべとべとです。

かなりの手間がかかるので、これだと正直純正の詰め替え品を買ったほうがいいかな……という気分になります。

常に時短を心がけているのに余計な労力がかかってしまいポリシーに反する方法なのもいただけない。

詰換えにこんな時間がかかるの却下よ。却下。

結局この方法は3度試しただけで終わりにしました。

②上から注げる穴をあける

それでもやっぱりコスト削減に詰め替えたい!

そんな要望に答えるにはもうこれしかない。

詰め替え用の上部に穴を開けて直接注げるようにする方法 です。

これができたらかなり楽になること請け合い。

用意したのは穴に蓋するためのゴム栓。

まず、上部のくぼみ部分にドリルで穴をあけます。

(これが結構丈夫なプラスチックなので硬いです。つるっとすべるので苦戦しました)

いくつか穴をあけてくりぬいたら、まわりがバリになっているのでやすりで削ります。

使用したのは100均で購入したダイヤモンドも棒やすり。

削って滑らかにします。

(あるならプラスチック用のもう少し荒い目のものがあると良いです。

細かすぎてぜんぜん削れませんでした。滑らかには多少なりましたけど)

穴にゴム栓をすれば完成!

ちなみに使用したゴム栓はこちら。売ってる中で一番小さなものでした。

最初もう少し大きなサイズを購入していたのですが、想像以上に硬くて削れなかったので買いなおしたのでした…

穴を開けてから購入することお勧めします。

このサイズでも同じく100均のシリコン漏斗がはまるので、ここから液を注ぎゴム栓で蓋をすれば簡単に詰め替えができました。

これはとっても便利~!

ちょっと不恰好なのはいただけませんが。透明のシリコン栓を使ったりすればもう少しましになるのかな?

これ、本家でだせばいいのになぁ……リフィルで稼ぎたいんだろうけど。

ミューズ ノータッチは商品としてはとっても便利でよい製品なので

運用コストで導入を迷っていた方や、詰め替えたいと思っている方!ぜひ試してみてください。

作るの面倒だわ~と思う方は別の商品でこういうのもあるので導入してみるのもいいかも。

ミューズよりお高いですけど……

ミューズ ノータッチの利点としては装置自体がお手ごろで詰換えが楽(お高いですけど)なことなので、このお高い詰換えさえどうにかしてしまえば本当に優秀です。

 

 

ご覧頂きありがとうございました。

DIYカテゴリの最新記事