洗面所のタオルかけ

洗面所のタオルかけ

バスタオルやめました

 

突然何…?とお思いでしょう。
普段入浴のあと体を何で拭いていますか?
おそらく、多数の方はバスタオルと答えるでしょう。

私も小さいころから実家ではバスタオルを使用していました。でもある日を境に使わなくなりました。
だって、実家のバスタオルは大抵共用だったから…

誰かが使った後のバスタオル、つめたくてじっとりしていて使いたくなかったから。

だからといって新しいバスタオルをもう一枚出すと洗濯物の嵩が増えるのでなんとなく気が引ける…
4人分もあればそれだけで洗濯機がフル容量になりそう。

そんなときフェイスタオルで拭いてみたらこれだけでまかなえたのです。バスタオルなんて大きさ必要なかったんや!!

それからというもの私は入浴後はフェイスタオル派で通ってます。
それを家族にも強要しているわけなんですけども、最初は主人にも難色されましたよ。
なんだかんだで大きいタオルに包まれてる感がいいとかで。
でもバスタオルを干すの大変なんですよ。当時は洗濯乾燥機もなかったし。洗濯物も少ないので毎日洗濯するわけでもなかった。(現在は子供もいて毎日やらないとまわせないけども)

するとね……カビるんですよね…タオル。

それからというもの主人もフェイスタオル派になってくれて私の負担も減り万歳!
ちなみに一人1日2枚までは使っていいことにしています。それでもバスタオル1枚使うよりは面積は小さいし。
子供達ももちろんフェイスタオルのみ。
一応お客様向けや子供の肌がけ用として一部は残してありますけども。

タオル掛けの位置

 

話が多少脱線しましたが、そういうわけで我が家はフェイスタオルを使っています。
このフェイスタオル、朝に顔を洗う際に使って、タオル掛けに干して、夜入浴後に体を拭くために使っているというサイクルがあるので、タオル掛けが必要なのですよね。
すると設置する位置としては

ここがベストかな…

こちらも候補なのですが、ここには洗濯かごを置きたい関係上干渉しちゃうのでやっぱり上記かな。

朝、顔を洗ってタオル掛けにかけて、夜、風呂に入って体を拭う…という導線を考えるとPSの位置にあると便利良いかなと思っています。

設置できるタオル掛けを探す

 

この位置の幅は約420mm
対してフェイスタオルの大きさは840×340mm
つまり家族4人分のタオルを掛けるなら、短辺長さの340×4=1360mm必要ってことですね。
でも掛けておくだけなら折ってもかまわないので、短辺を半分に折って170×4=680mm必要になります。

どう考えても420mmに収まらないですね。
上下に2本設置するか…と考えて検索したところみつけたのはこれ。

2段式!

これなら4枚掛けられそう~と思ってサイズを見たら

623×110×82(φ16)

幅が大きすぎる……
まぁ、そうですよね。たいていバスタオルのサイズに作られているはずで、バスタオルのサイズは約600×1300mmですものね…
さらに設計士さんから、ここに設置できる長さは250mmくらいになりますとのご連絡……ぇー

一段に2枚どころか1枚しか掛けられないではないか…

隣の収納の下を開けてタオル掛けを設置する案もいただきましたが、それでもそんなに幅取れないみたいだしだったら洗濯籠置きの上にするしかないか~と諦めながらもカワジュンのHPでタオル掛けを検索していたら見つけました。

オーダーサイズの2段タオル掛け!!

上記は基本サイズのものです。オーダーサイズはカワジュンオンラインストアから注文可能です。

200mmから700mmまで好きな長さに作れるようです。
これなら250mmのサイズの2段タオル掛けができる。
上下に設置すれば家族分のタオルが掛けられる!

オーダーサイズになってしまうので多少金額は張りますが…これでぴったりなサイズができるならいいものです。

なかったら自分でステンレスパイプを切ってDIYするしかないか…と思っていたのでありがたい。

無事にきまって一安心。こんな風に大きな部分がだいぶきまってくると、細かいところが少しずつ問題になってくるんですよね~。

洗面所カテゴリの最新記事