中古住宅を買ってリノベするまでの道 その5 「購入申込」

中古住宅を買ってリノベするまでの道 その5 「購入申込」

購入申し込み

 

なんかもう勢いだけで決めてしまいましたが、とりあえず物件購入の意思を示すため、申し込みを行います。

購入申込みは購入申込書(買付証明書)によっておこないます。
交渉権は原則、購入申込書を出した順になります。なので決めたら即申し込み。中古物件は生ものなのです。
そして私たちの予算よりもオーバーしているためここで値引き交渉をおこなう事にしました。希望は300万…まぁ無理だと思うので200万引きで!
そして手付金も金額も提示します。通常は50万だそうです。
この金額が多いと値引き交渉がうまく行ったりもするそうです。なので即金で渡せる可能な限りの額(200万)を提示しました。

住宅ローンの事前審査

あとは住宅ローンですね…事前審査はまだ手続きを申し込みしている最中でしたので、急いで手続きをおこなってもらうよう申し入れ。
この辺は不動産会社の人にお任せしました。自分たちで探しても良いのですが時間ないですし
何件も申請を出すのは骨が折れる作業です。(実際銀行の申し込み書類を書くだけでいっぱいいっぱいになりました)

ただでさえ揃える書類も沢山!なのですよ。
私は前年度は育児休暇で会社を休んでいたため、確定申告をして(10万以上の医療費かかったし…)いたので年末調整の書類がない~!とか(コピーし忘れが悪いのですが^^;)
それならば納税の証明書が必要になる~とか。
1週間ばたばたでした。

そしていくつか事前審査は通りまして、条件の良い不動産屋さんお勧めの三井住友銀行でローンを組むことになりました。

交渉結果

数日後、価格交渉した結果をいただきました。結果

90万円引き

…あと10万どうにかしてよ(笑)まぁ、仕方ないですね。それでもだいぶ周りの相場よりは安いのです。
ちなみにマンションレビューというサイトでそのマンションがいつ、いくらで売り出されたかを調べることができます。
もちろんここに掲載されている価格はレインズに掲載された価格であるので、交渉によって下げられた金額まではわからないのですが、私たちは事前にこちらで過去の取引を参考にしました。
その上で200万引きの値段をもっていったのですが。

まぁ仕方ないですね…これ以上待ってもこれ以上に気に入る物件が出るかもわからないし、今(2017年度)は景気が良くて中古マンション市場も価格が高騰しています。
数年後(オリンピック終了後)は価格が落ちるのでそこで購入がお勧め!ととある情報サイトには書かれていますが、それもいまいち信用ならないのですよね。
確かに今高騰しているので必ずバブルがはじける日は来るでしょう。現在少子高齢化なので物件はこれからどんどん余ってくる。だから近い将来住宅は必ず安くなる。
でも東京都&隣接3県は人口増えているんです。
都市集中。今後もその傾向は顕著になるでしょう。
今回選んだ場所は都心アクセスも良く駅前開発も進んでいる地域。マンションの新築時騰落率も90%ほどでなかなか価格が落ちていない物件。大型スーパーも近くにあり立地よし。
数年待ってもそんなに価格が変わらないと睨んでいます。それよりも今回逃がしたことによる機会的損失、ローンを組む年齢(40台になる)、その間に不便な生活(狭い部屋)を強いられるとなると100万くらいの差ってすぐに埋められそうというのが私たちがだした結論。

というわけで契約決定~!

あまりにも早いスピード購入でなんかいろいろついていっていませんが、とにかく頑張るしかない!のです

その6につづく

リノベ体験記カテゴリの最新記事